「遺品の廃棄物」とは?一般廃棄物回収は許可業者へ手続きと流れの全解説

回収車両
はじめに

仙台市で遺品整理!一般廃棄物回収は許可業者へお任せください!

遺品の処分で困っている人、 【遺品の処分のやり方など知りたい人廃棄物の処理がわからずに困ってた..ご家族、ご親族、被害に合わないように予備知識として、お役立ち情報になれば幸いです。

遺品の処分で、自治体で処分できない廃棄物の処分に困っていた…

古い家電「冷蔵庫」洗濯機も市で回収はしてないなんて..ちょっと困っていました…

目次

1. 遺品の処分にお困りなら弊社までお電話ください!

当社では!「一般廃棄物収集許可業者」です宮城県の遺品整理は。仕分け屋にお任せください!

遺品整理協会からも優良事業所の認定を受けております。

遺品整理に関連する各種許認可

遺品査定士が買取査定をします。家財評価、リサイクルについてご相談ください。

一般社団法人地域統括支部
遺品査定士認定 第CSC01109

一般社団法人地域統括支部
遺品整理士認定協会認定
遺品整理士認定 第IS02504

一般社団法人地域統括支部
事件現場特殊清掃士認定 第CSC01109

一般廃棄物の収集、運搬

一般貨物自動車運送業
宮城県公安委員会
第221090000368号

遺品整理の資格の内容

  • 遺品整理士(遺品整理に関するアドバイス、整理のサポート実施)
  • 遺品査定士(遺品に関する仕分け、遺品の価値の査定、鑑定など)
  • 事件現場特殊清掃士(遺体現場の脱臭・消毒・除菌、現状回復工事など)

遺品整理に関する作業については有資格者がいるプロの弊社にお任せください。

1. 遺品の廃棄物に分類される物とは

遺品が廃棄物として分類される時は、どんな時でしょうか。

まず、持ち主である故人が亡くなった後に、遺された物品は「遺品」となります。この遺品の中には、家族や相続人が大切にするものもあれば、日常の生活で使われなくなったり、価値が感じられない物があるのです。これら後者の遺品は、一般に「廃棄物」として処理することが求められるでしょう。たとえば、服装や家具、書籍類などがこれに該当します。廃棄物処理法により、遺品の廃棄にはルールが定められており、遺品を正しく廃棄することは環境保全や衛生管理の観点から重要なのです。

1.1. 一般廃棄物と産業廃棄物の違い

遺品整理において出る廃棄物は、主に「一般廃棄物」と「産業廃棄物」の二つに分けることができます。

一般廃棄物とは、家庭から出るゴミのことを指し、これには燃えるゴミや燃えないゴミ、資源ごみなどが含まれます。一方、産業廃棄物は産業活動から出る廃棄物のことで、建設廃材や工場からの廃液などがこれに当たります。故人が個人事業主で事務所や店舗を構えていた場合、その事業に用いられていた備品や在庫品などは産業廃棄物に分類されることがあります。これらの廃棄物は、それぞれの自治体のルールに従って適切に処理する必要があり、特に産業廃棄物は専門の許可業者を通じて処理しなければなりません。適正な処理を行うためには、これらの廃棄物の違いを理解しておくことが不可欠です。

1.2. 遺品整理で出る廃棄物の種類

遺品整理を行う際に出る廃棄物の種類は多岐に渡ります。

総体的には日用品や雑貨が一番多く、衣類、書籍、食器、家具などが含まれます。しかし、中には有害物質を含むものや、特殊な処理が必要な物もあります。例えば、薬品や化粧品、バッテリー、蛍光灯などは特別な注意が必要です。さらには、故人が趣味で集めていたコレクションや、美術品、貴金属などは、処分の際に適切な価値評価を受けることが肝心です。これらは家庭から出る一般廃棄物となることが多く、大量に廃棄する場合は市町村のルールに従って処分することが大切です。遺品として分類されるものの中には、再利用やリサイクルが可能なものも多く、それらを適切に分別し、処理することが必要となります。

1.3. 葬儀後の遺品処理の注意点

葬儀後に行う遺品処理には、いくつかの重要な注意点があります。

まず、精神的な負担が大きい中での作業になるため、家族や親族が心に余裕を持てるよう、計画的に進めることが望ましいです。また、故人の遺志を尊重し、大切な遺品は手放さないことも大事です。必要な書類や貴重品の確認は、遺品整理の初期段階で行う必要があります。故人が残したデジタルデータやSNSアカウントの処理も重要なポイントとなります。それに加えて、遺品の中には処分が困難なものや、特別な処理が必要なものが存在するので、自治体のルールや法律を遵守しながら、産廃業者またはリサイクルショップとの連携を図ることが肝心です。適切な処分やリサイクルを行うためには、専門的な知識が必要となりますので、専門業者に相談することも一つの選択肢となるでしょう。

2. 資源リサイクルできる遺品とは

遺品の中には、リサイクルを通じて再び社会に役立てることができる品々が多く含まれています。

資源としての価値を見出し、適切な処理を行うことは環境保護の観点からも大切な対応であり、廃棄物の減量化にも繋がります。さらに、リサイクルすることによって資源の有効利用が図られ、未来の世代への資源保全にも寄与するわけです。ビンや缶、紙製品、服装や電子機器など、多くの遺品がリサイクルの対象となり得るのですから、遺品整理をする際には、その可能性を十分に検討することが重要です。

2.1. リサイクル法と遺品処理の関係

リサイクル法は、資源の有効活用を目指して制定された法律で、廃棄物の適正な処理やリサイクルの促進を定めています。

遺品処理においても、家電リサイクル法や容器包装リサイクル法など、複数のリサイクル関連法が適用される場合があります。これらの法律に則りながら遺品を処理することで、リサイクル可能な物資の回収・利用が促され、不法な廃棄を防ぐことにも繋がります。例えば、不要な家電は家電リサイクル法に基づいて適正に処理されるべきですし、古紙やプラスチック製品についても分別してリサイクル業者に引き渡す必要があります。遺品処理をする際には、これらの法律を理解し、正しい処理の流れを守ることが求められるのです。

2.2. リサイクル可能な遺品の例

リサイクル可能な遺品には様々な種類が存在しますが、代表的なものとしては衣類、家具、家電製品、書籍、食器などがあります。

衣類はリサイクルショップやチャリティー団体に寄付することができ、家具や家電は中古品市場で再販されるチャンスがあります。また、書籍については古書店や図書館への寄付、食器はリユースを促すマーケットにおいて需要があります。これらの物品を適切に管理し、必要な人々へと届けることで、リサイクルのサイクルが生まれ、遺品を有効活用することができます。また、金属や紙などの資源は、専門のリサイクル業者によって再生利用されることで、新たな製品へと生まれ変わる可能性を秘めています。

2.3. 資源リサイクルを行うメリット

資源リサイクルを行うことには多くのメリットがあります。

まず、廃棄物の減少に寄与することができるという点が挙げられます。不要となった遺品を資源として見直し、再利用することで、ごみの発生量を減らし、処分場の余命を延ばすことにも繋がります。さらに、リサイクルによって新たな商品が生み出されることで、無駄を減らし、経済的な循環も生まれます。また、資源を大切にする文化が育まれることは、次世代への教育にも良い影響を与え、環境保護の意識を高める起点となるでしょう。貴重な資源を守るためにも、資源リサイクルを意識した遺品処理が求められています。

3. 業者に依頼する遺品の処理作業の流れ

故人が残した大切な遺品を丁寧に処理するには、専門の業者に依頼することが一つの方法です。

依頼から作業の終了までの流れにはいくつかのステップがあります。まず、業者選定から始まり、見積もりと契約、作業の実施、最終確認といった一連のプロセスを踏んでいきます。業者によっては廃棄物の分類やリサイクルも行っていますが、事前に処理の詳細を確認することが重要でしょう。また、遺品には故人の思い出や価値が込められているため、処理の際には十分な配慮と敬意を表する必要があります。

3.1. 処理作業の手続き開始から完了まで

遺品の処理作業を業者に依頼する際の手続きは、まず最初に適切な業者を見つけ、問い合わせをすることから始まります。

業者選定の際には、口コミや評判を確認し、信頼できる業者を選ぶことが大切です。その後、業者による現地調査が行われ、どのような遺品がどれくらいの量あるのか、処理にかかる費用の見積もりや作業のスケジュールが提示されます。見積もりに同意したら契約を結ぶことになり、実際の作業がスタートします。作業完了後は、最終的な確認を行い、適切に処理がされているかチェックし、最後に支払いを済ませることで手続きは完了することになります。全工程を通じて、故人の意思を尊重した適切な処理を心がけることが肝要です。

3.2. 許可業者に依頼する際のチェックリスト

遺品の処理を許可業者に依頼する際、いくつかのポイントをチェックリストとして押さえることが大切です。

許可業者であるかどうかを確認するため、公的な許認可を得ているかどうかを見極めます。また、遺品処理にかかわる実績や評判、口コミなどを参考にして、信頼性を判断する必要があります。処理費用に関する透明性も重要であり、見積もりが明確かつ合理的であるかもチェックポイントになります。作業の範囲や対応可能なサービス内容、アフターケアの有無も事前に把握しておくべき項目です。これらのポイントをリストアップし、業者を選定する際の基準に据えることで、安心して遺品処理を任せることができるでしょう。

3.3. 処理費用の概算と支払いのタイミング

遺品処理の費用は、遺品の量や処理の内容によって大きく変わります。

概算としては、軽い清掃から特殊清掃まで、業者によって数十万円の幅があることが一般的です。業者に依頼する前にある程度の予算を考えておき、見積もりと相談して決定します。具体的な費用は、廃棄物の分類、運搬の難易度、必要となる人員など、様々な項目を踏まえた上で計算されます。支払いのタイミングは、契約時に初期費用を支払い、作業完了後に残金を支払うというケースが多いです。全ての料金が含まれた明瞭な見積もりを提出してもらい、追加料金が発生しないよう事前に確認することも重要です。

4. ゴミ処理と適正処分の基準

私たちの生活において、ゴミは常に発生するものです。日々のごみだけでなく、特別な場面、たとえば大切な方を失った後に整理を迫られる遺品についても処理を考えなければなりません。この場合は、特に遺品をどう処理するか、適正な方法は何なのかを理解することが重要です。制度や法律に則って処理を進めることで、不適切な処理による社会問題の発生を防ぐことができます。この見出しでは、適切なゴミ処理とその基準について、ポイントを述べていきます。

5. 不法投棄を避けるためのポイント

不法投棄は重大な環境問題であり、厳しい罰則を受ける可能性があります。

遺品の処理においても、不法投棄を決して行ってはいけません。不法投棄を避けるためには、廃棄物処理法に則った方法を選択し、確実に許可を取得した処理業者に依頼することが基本となります。小さな物品から大きな家具まで、遺品一つひとつに対して適正な処理方法を考え、できるだけリサイクルや寄付などの選択肢も考慮することが重要です。また、自治体が提供する遺品処理のガイドラインを参照することもポイントの一つでしょう。安全で環境に配慮した廃棄物処理を心がけることが、社会的責任を果たすことにもつながるでしょう。

6. 遺品整理におけるリサイクル法の遵守

遺品整理においては、ただ単に不要なものを処分するだけではありません。

リサイクル法に則った方法で適切に分別し、処理をすることが求められています。特に、家電リサイクル法や自動車リサイクル法など、特定の物品には独自の規制があるため、それらを遵守することは法的な責任を果たす上で必要不可欠です。人との思い出が詰まった遺品を処理する際には、故人に対する敬意を表しつつも、環境への配慮と法令順守のバランスを取ることが大事です。

遺品整理の一般廃棄物の処理には、市町村の行政許可が必要です。

遺品整理の一般廃棄物の処理には、市町村の行政許可が必要です。
違法な無資格業者には依頼しないでください。

【行政許可】一般廃棄物収集許可
遺品整理士
事件現場特殊清掃士

遺品整理の流れ

作業前のご説明

プロの遺品整理士が対応
お客様へ作業内容、作業時間、詳細などご説明させていただきます。

遺品の査定

プロの真贋
時計、宝飾品、ブランド品、絵画、骨董品、貴重品、価値ある物の査定を致します。時計、宝飾品、ブランド品、絵画、骨董品、貴重品、価値ある物の査定を致します。

遺品の仕分け

プロがきめ細やかな対応
一般廃棄物としてゴミ処分、家具、家電、廃棄プラスチック類、繊維類、木類、紙類、ガラス、陶器類、鉄くず類、廃油類、リサイクルできる物、ゴミ処分など仕分けします。

遺品の搬出・運搬作業

プロの搬出・運搬技術
急な階段からの搬出、2階からの吊り下げ作業、高重量の機械など重い物の運び出し、搬出作業のプロが素早く、安全に作業します。

遺品の処分

許認可業者が正しく処分
一般廃棄物収集許認可業者が処分いたします。許可業者以外がご家庭のごみを処分することは違法です。

簡易清掃・作業終了

プロによる簡易清掃
大きなゴミクズ、目立った塵ホコリ、紙屑などお部屋の中であまりにも目立つゴミは簡易清掃で取り除きます。物件を貸し出し、生活するのでハウスクリーニングをしたい等、ご要望があれば清掃作業も承ります。

仙台で遺品の処分ならお電話ください!

宮城・仙台の遺品整理なら仕分け屋

運営会社株式会社トリプルクリーンサービス
所在地宮城県仙台市青葉区中央4丁目9-15
電話番号0120-210-121
定休日年中無休(お盆・年末年始除く)
許認可■宮城県公安委員会 第221090000368号
■産業廃棄物収集運搬業 許可番号00412220497
■一般廃棄物の収集、運搬
角田市指令第334号・岩沼市指令第89号・丸森町指令第317号・蔵王町指令第390号・七ヶ宿町指令第188号・山元町指令第73-58号・柴田町指令第295号・亘理町指令第30号・白石市指令第940号・名取市指令第1060号
■特掃隊®(株式会社リスクベネフィット)
【特許登録番号 第7179379号 発明の名称 故人及び/又は動物の放置された部屋の消臭方法】
遺品整理士認定 第IS02504
事件現場特殊清掃士認定 第CSC01109
遺品整理士認定 第CSC01109
特掃隊
サービス内容一般貨物自動車運送業
リサイクル回収、買取販売及び輸出入
不用品仕分け片付け及び回収処分
一般廃棄物の収集運搬処理
古物の売買

一般廃棄物収集許認可業者の弊社まで!

電話番号:0120-210-120
出張見積の現地調査、お気軽にお知らせください!
宮城県全域対応しています。仙台の遺品整理は一般廃棄収集許認可業者「仕分け屋」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次